自費出版とは 印刷用語集 よくある質問 プライバシーポリシー 利用規約
 
> トップページ > 印刷用語集

用紙の種類
書籍用紙
淡いクリーム色の目に優しい用紙です。文庫本などに使われています。

コート紙
紙の表面をコート剤等でコーティングすることによって、普通紙よりもよい印刷品質(光沢があり、平滑度が高い)を得ることができる用紙です。主にポスターや写真集、雑誌の表紙などに使われています。

上質紙
塗料が塗布されていないため、コート紙に比べると表面の光沢や艶が少ない用紙です。そのため、写真などの印刷には向いていませんが、文字など単色印刷をする場合には適しています。

用紙のサイズ
用紙サイズ(仕上がり寸法)単位㎜

A4 210×297 B4 257×364
A5 148×210 B5 182×257
A6 105×148 B6 128×182

各用紙の利用例

A4…写真集・美術全集
A5…学術書・文芸雑誌・総合雑誌・教科書
A6…文庫本
B4…大きな画集・グラフ雑誌
B5…週刊誌・一般雑誌
B6…単行本



製本方法
中綴じ
本を開いた状態の紙を重ねて、中央部分に沿い、針金で止める製本方法です。
週刊誌や取扱説明書、パンフレットなどに良く使われる綴じ方です。

無線綴じ
糸や針を使わずに本の背を糊で固めて綴じる製本方法です。
主に文庫本や雑誌に使われる綴じ方です。

上製本(ハードカバー)
糸で本を綴じ、上質かつ厚めの紙で表紙を囲う製本方法です。
上品で長期の保存に適しています。


その他
オンデマンド印刷
お客様の注文を受けてから『必要なものを必要なときに必要な部数だけ印刷する』システムのことをいいます。

見返し
表紙と本の中身をつなぐために表紙の内側に貼る紙のことをいいます。中身を保護するほか、本の耐久力を保持する役割も持っています。

奥付
書籍の巻末に書名・発行年月日・定価・著者名・編集発行者名などをまとめて印刷した部分のことをいいます。

背文字
本の背に書名・著者名などを印刷や箔押しした文字のことをいいます。

トビラ
見返しの次に置き、書名・著者名などが印刷してあるページのことをいいます。

光沢PP加工
紙に光沢のある塗料を塗るビニール加工のことをいいます。


明倫社トップページ
COPYRIGHT © 2011 MEIRIN-SHA CO. ALL RIGHTS RESERVED