自費出版とは 印刷用語集 よくある質問 プライバシーポリシー 利用規約
 
> トップページ > 自費出版とは

自費出版とは、著者が本の製作費用を負担して出版することをいいます。
書店などでよく見られる商業用の出版物とは異なり、自費で本を製作していくため、装丁・サイズ・レイアウトまで、誰もが自由に本を作っていくことができます。
しかし、自費出版に取り組んでいく上で、「お金がかかりそうだ」「うまく完成させられるのかな」などといった不安も浮かんでくるかと思います。
当社ではそういったご相談にも応じ、お客様の「自分だけの本を出版してみたい」「日々の日記や随筆を本にしてみたい」「子どもと一緒に絵本を作りたい」などといった想いに誠意を持って応えていきたいと考えております。
あなたの作った自分史、写真集、画集、作品集、会誌、記念誌、小説などを是非、自費出版してみませんか?
先ずはお気軽にお問い合わせください。

打ち合わせ
  まだ原稿を書いていない、書いたけど整理されていないという方はご相談下さい。
原稿整理のポイントや概算のお見積りなど、さまざまなアドバイスをいたします。
もし、そこから製作となった場合、原稿をある程度整理して提出していただきます。
製作・編集
  お預かりした原稿の本文のチェック、表紙、とびら、見出し、写真、図表の指定、
割り付けを行い組見本を作ります。その後、全てのページの文字製版をします。
校正・修正
  原稿から見つかった誤字、脱字、内容の整合性の確認、句読点の追加や削除、
接続詞の統一などを当社の校正規定に基づいて行います。
(修正後にお客様にご確認いただく場合もあります。)
印刷・製本
  校正の確認・訂正後、印刷機にかける版(刷版)を作成します。
そして、印刷、製本と進み本が完成します。
納品
  お約束の日時・場所に完成した本をお届けします。
お預かりした原稿や写真なども返却いたします。

※宮城県以外にお住まいの場合は原稿を郵送して頂くか、メールにてお送り頂きます。


 

明倫社トップページ
COPYRIGHT c 2011 MEIRIN-SHA CO. ALL RIGHTS RESERVED